歳のせいじゃなかった…! 最近「メイクのりが悪い」40代の3大NGスキンケア | NewsCafe

歳のせいじゃなかった…! 最近「メイクのりが悪い」40代の3大NGスキンケア

女性 OTONA_SALONE/BEAUTY
歳のせいじゃなかった…! 最近「メイクのりが悪い」40代の3大NGスキンケア

年齢を重ねるにつれ「メイクの“のり”が、悪くなってきた」と口にする女性も増えてくる傾向です。

加齢の波は、誰にでも押し寄せるものだけに「40代ともなれば、普通よね」と諦めの声もしばしば聞こえてきます。

でも本当に、それって加齢の波……?

「40代だし、メイクのりは諦めてます」な40代女性のみなさま、温かくなってきた昨今、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、本当はまだまだ改善できるのに「化粧のりがイマイチ」とボヤキがちな40代女性ほどおろそかにしているスキンケアのお話です。

加齢の波かと思いきや…ただの「手抜き」な女性ほどおろそかにしているスキンケア1:目まわりの保湿

年齢とともに、目のまわりの乾燥やシワ、たるみなどが気になり「メイクをしても、かえって欠点が目立っちゃう」というお声もチラホラ。

確かに、40代ともなると自分比の若いころよりも目まわりがぼやけてくるのは否めない傾向でもありますが、目の周辺に特化した保湿ケアのひと手間を加えるだけで、小じわや“くすみ”などはメイクによってカバーしやすくなるのも、ありがちな実態。

つまり、年齢のせいで「目まわりが……」となっていたつもりが、実は単なる保湿不足だった! というのも、意外とあるお話なのです。

これまで特別なお手入れをしてこなかった女性ほど、目もと専用のシートマスクや、目もと用の保湿クリームをデイリーのスキンケアに投入することで、まだまだ「イケる!」な目もとを取り戻す術になる可能性は大です。

加齢の波かと思いきや…ただの「手抜き」な女性ほどおろそかにしているスキンケア2:リップまわりのスペシャルケア

加齢とともに、唇の劣化が気になっている……というのも、40代女性からは比較的多く耳にするお話。

「どんな口紅を塗っても、カサカサで思ったようなイメージに仕上がらない」、「何を塗っても縦ジワが目立って、年齢を感じる……」などのお声は、ときに切実です。

こちらも、確かに年齢とともに唇の痩せ具合やうるおい不足が気になる傾向は否めず、若いころよりも老けた印象のすっぴんリップになってしまうのは、ある程度は致し方のないこと。

しかしこれまでお手入れを怠っていた女性ほど、ひょっとすると、唇に古い角質が溜まったままになっていたり、血行不良に陥っていたりといった原因のせいで、本来の“加齢感”以上に、老けたリップになっている可能性も。

スクラブケアで古い角質を落としたり、リップマッサージ用のアイテムで定期的なマッサージをおこなうだけで、思っていたよりもフレッシュな唇を取り戻せる可能性も大!です。

年齢が出る○○の部分ケアできてる? 次ページ

加齢の波かと思いきや…ただの「手抜き」な女性ほどおろそかにしているスキンケア3:首まわりの保湿

「年齢は、首に出る」なんて言われることもありますが、首まわりのシワや劣化が気になっている女性でも、きちんとしたお手入れができていない……のも、よくあるお話。

加齢のせいで目立ち始めたシワやくすみは、実は単純に、保湿が足りていないことによる老け見えである可能性も潜みます。

ファンデーションを塗ったあと、首もとにもパウダーなどをはたき、そこで顔とのコントラストが気になる場合には、顔同様のレベルまでは、お手入れ次第でなんとかできるかもしれません。

メイクのノリが悪いのが原因だと思っていた“白浮きして見える顔”は、実は首もとがくすんでいるせいだった!なんて残念な実情もありがちです。

「デコルテまでは顔」を合言葉に、首もとまでも顔同様のスキンケアをすることにより、慢性的なうるおい不足を解消するとともに、みずみずしさを取り戻せるよう狙ってみて損はありません。

「もう40代だし」と、メイクのりが悪いのを諦めてしまうなんて、まだもったいないお話かもしれません。

お心当たりがああったかたは、ぜひ今日からデイリーのスキンケアを見直してみて。

《OTONA SALONE》

特集

page top