台湾で「震度7」の激震発生!日本の震度とはどう違うのか? | NewsCafe

台湾で「震度7」の激震発生!日本の震度とはどう違うのか?

面白ネタ・雑学 秒刊サンデー/政治・社会

台湾の花蓮で震度7の地震が発生し、現在多くの被害が確認されているようです。ツイッターやインスタグラムにその生々しい様子がアップされておりまして、現地の震度では最大級の「7」ということです。しかし厳密に言えば日本の震度とはことなるようです。

現地の震度7

さて現在発生しております台湾の地震は台湾東岸・花蓮で発生しており、地震の規模を示すマグニチュードはM6.1で震源の深さ18キロです。割と浅い場所で発生しておりますが、現地の震度では7とされております。

日本の震度7といえば、東日本大震災や熊本地震などとんでもなく甚大な被害が発生する、激震であることは言うまでもありません。

そんな日本の震度7と、台湾でのスケールはどのようなものなのでしょうか。

《秒刊SUNDAY》

特集

page top