医療保険のムダを省く 「高額医療費」の負担は、健康保険の2つの制度で安く抑えられる。 | NewsCafe

医療保険のムダを省く 「高額医療費」の負担は、健康保険の2つの制度で安く抑えられる。

社会 ニュース
医療保険のムダを省く 「高額医療費」の負担は、健康保険の2つの制度で安く抑えられる。

「医療保険」は、突然の入院だけではなく長引く治療が必要になった時のために備えます。

近年は格安の掛け捨て医療保険が人気ですが、入院保障を手厚くすれば保障内容に比例して保険料は高くなります。

保険料はできるだけ安く抑えたいものですが、保険会社も種類も多く、どの医療保険に入ったらよいのか悩む方も多いでしょう。

民間の医療保険への加入を検討する前に、公的な医療保険制度の内容を知っておくと、医療保険のムダを省けます。

もしもの入院・手術で医療費が不安なら、まずは公的な医療保険制度(健康保険制度)を確認しましょう。

高額な医療費に備える2つの健康保険制度

健康保険適用の入院や手術であっても、医療機関窓口での支払いの負担は重くのしかかってきます。

病気の治療に専念したいのに、入院期間や治療内容によっては医療費の支払いが不安になります。

日頃のたくわえが十分であったとしても、3割の自己負担額で支払う医療費は決して安くはありません

実は、医療機関の窓口で支払う医療費が高額の時に健康保険の2つの制度を利用すると、支払い負担を軽減できます

健康保険の「高額療養費制度」を知っておくことで、本当に必要な医療保険の保障内容も見えてきます

医療機関窓口での支払いに頭を抱えることがないように、2つの「高額療養費制度」を知ってしっかり利用しましょう。

1. 窓口での支払負担を軽くする「健康保険限度額適用認定」


《マネーの達人》

特集

page top