西武ドラ1松本航、同世代の活躍に「悔しさも」 2軍戦で復帰「チームの力になりたい」 | NewsCafe

西武ドラ1松本航、同世代の活躍に「悔しさも」 2軍戦で復帰「チームの力になりたい」

スポーツ フルカウント
2軍でプロ初登板を飾った西武・松本航【写真:荒川祐史】
■ヤクルト戦で1回無失点の好投、同級生の活躍に「自分も早く同じ舞台に立ちたい」

 西武のドラフト1位ルーキー・松本航投手が17日、イースタン・リーグのヤクルト戦(メットライフドーム)で実戦復帰。2軍戦ながら“プロ初登板”のマウンドで1回無失点と好投した。

 ストレートは最速148キロを計測。2者連続四球を与える場面もあったが、直球主体の投球で打者を圧倒。最後は奥村を空振り三振に仕留め、無失点で降板した。

 先発ローテ入りが確定していた即戦力右腕だが、開幕直前に体調不良でリタイア。その後、軽い肺炎と診断され、療養していた。3月27日に肺炎が完治し、4月に入ってからブルペン入り。2度目のブルペンからは捕手を座らせて投げ、11日にシート打撃に登板するなど順調に回復してきた。

 この日の投球について「高めに浮いてしまったけど、強い真っ直ぐを投げられるように意識した」と振り返った松本航。「そこは良かったけど、制球でバランスを崩した」と2四球を反省した。それでも「今日出た課題を意識して練習したい」と前を向く。
《Full-count》

特集

page top