V6・三宅健、「今だから言える」危険なサバイバルロケの裏側を明かす | NewsCafe

V6・三宅健、「今だから言える」危険なサバイバルロケの裏側を明かす

芸能 E-TALENTBANK

4月15日深夜、bayfm78『三宅 健のラヂオ』に出演したV6の三宅健が過去に行った海外ロケについて語った。

V6・三宅健、木村拓哉からの差し入れを明かし反響「かっこよすぎ」「ステキすぎる」

番組では三宅とスタッフが海外旅行にをテーマにトークを展開。その中で、以前三宅がエチオピアでサバイバルロケに挑んだ際について振り返った。

三宅は「大変だったよね、引き受けたはいいけど」と当時の心境を明かし「行くまでにワクチン8本ぐらい打たされてんだから」とエチオピアに向かうまでに多数のワクチンを打たされたと振り返った。

さらに「今だから言えるけど」として「注射の知識がスタッフの人に無かったのか、打つのが間に合わず狂犬病の注射は打てないまま俺はロケしてたからね」と打つはずの注射を打てずにロケをしていたと明かした。

三宅は「もし噛まれてたらヤバイ、24時間以内にワクチンを打たないと死ぬ。何か獣に噛まれたりとかして」と説明し、「っていう状況で俺サバイバルやったんだよ、恐ろしいでしょ」と笑い声をあげていた。

《E-TALENTBANK》

特集

page top