屋根3分の2、尖塔崩落=世界遺産のノートルダム大聖堂―鎮火に半日以上 | NewsCafe

屋根3分の2、尖塔崩落=世界遺産のノートルダム大聖堂―鎮火に半日以上

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/INTERNATIONAL
 【パリ時事】フランスのパリ中心部にある観光名所のノートルダム大聖堂で15日午後6時50分(日本時間16日午前1時50分)ごろ、大規模な火災が発生し、屋根の3分の2と尖塔(せんとう)が焼け落ちた。消防当局は16日午前(同夕)、「完全な鎮火」を宣言した。当局は出火原因の特定と修復に向けた被害状況の確認を急ぐ。
 大聖堂は老朽化が進み、尖塔を中心に大規模な改修工事が行われていた。火元は屋根に組まれていた作業の足場付近とみられている。火災は瞬く間に広がり、木材が多く使われた高さ約90メートルの尖塔は約1時間で崩落した。
 消防当局は約400人の隊員を動員し、大聖堂の外側と内側から消火活動に当たったが、完全に消し止めるまでに半日以上を要した。
 一方、正面の2基の塔と、大聖堂の柱やアーチなどの内部構造は無事だった。大聖堂の広報担当者によると、12~13世紀に制作された「バラ窓」と呼ばれる3枚のステンドグラスも焼失を免れた。パイプオルガンに火は届かなかったものの、放水の影響で多少傷んだ可能性はあるという。広報担当者は仏メディアに「奇跡だ」と語った。
《時事通信社》

特集

page top