『JKT48』メンバーが男性とデートで処分!「露骨な外国人差別だ」の声 | NewsCafe

『JKT48』メンバーが男性とデートで処分!「露骨な外国人差別だ」の声

芸能 まいじつ/entertainment
『JKT48』メンバーが男性とデートで処分!「露骨な外国人差別だ」の声

(C)Cookie Studio / Shutterstock


『AKB48』グループに再びスキャンダルが起きた。秋本康氏の総合プロデュースにより2011年に結成され、インドネシアのジャカルタに本拠を置く『JKT48』、そのTeam Jに所属するステファニー・プリシラ・インダルト・プトゥリがショッピングモールで男性とのデート現場の動画を撮られてしまい、ネット上にアップされてしまった。ステファニーは、その動画に映っているのは自分であると認めたため、運営は公式サイトに処分を発表した。


【関連】『NGT48』荻野由佳“疑惑メンバー”との2ショット削除で大炎上 ほか

《いつもJKT48を応援していただいて、誠にありがとうございます。本日のTeam J 劇場公演「アイドルの夜明け」終了後に本人よりご説明がありました通り、ステファニー・プリシラ・インダルト・プトゥリはJKT48メンバーとして不適切な行動を認められたため、本日を持ちましてACADEMY Class Aへの降格処分を行います。ステフィー本人は今回の件を心より反省し、ACADEMY Class Aに降格した後も、初心を思い出し、全力で取り組むと誓っております。引き続き温かく見守って頂ければ幸いです。》


《まいじつ》

特集

page top