高田秋のモテエピソードに大久保佳代子ら怒り「彼女、あからさまだね」 | NewsCafe

高田秋のモテエピソードに大久保佳代子ら怒り「彼女、あからさまだね」

芸能 AbemaTIMES/バラエティ
高田秋のモテエピソードに大久保佳代子ら怒り「彼女、あからさまだね」

 おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#109(毎週月曜よる9時~)が4月15日、AbemaTV(アベマTV)にて放送。“美人枠”として出演したモデル・高田秋が、紅一点の状況になると男性にやってもらえることを明かし、“ブス枠”の出演者たちから集中砲火を浴びた。

 この日は男ばかりの状況の中で“姫”として扱われる紅一点ブスをテーマにトークを展開。それにまつわり、紅一点エピソードを聞かれた高田は、「男性ばっかりの時に、終電が無いとタクシーを拾ってもらえる」と回答した。

 お手本のような美人エピソードを聞き出せた矢作は「これ、これ」とニンマリ。案の定“ブス”メンバーからは「意味がわからない。男性がいると手が挙げられないんですか?」「お金も払ってもらえるんですか?」などと怨嗟の声が続々と上がった。高田は「お金は自分で払う」「一人で乗る時」と補足した。


 オアシズ・大久保佳代子は「彼女、あからさまだね」と、いかにも“ブス”が嫉妬しそうなエピソードを選んでモテぶりをほのめかした高田を表現。矢作は「何回か出てくれたら、どんどん性格の悪さ出てくる」と、番組にとっておいしい流れになることを期待していた。


 美人モデルともなると、やはり、“ブス”ではやってもらえないような扱いを受けているようだ。


(c)AbemaTV

【見逃し配信中】“紅一点ブス”の実態を暴け! おぎやはぎの「ブス」テレビ#109

《AbemaTIMES》

特集

page top