菅官房長官、フランス国民にお見舞い=ノートルダム大聖堂火災 | NewsCafe

菅官房長官、フランス国民にお見舞い=ノートルダム大聖堂火災

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 菅義偉官房長官は16日午前の記者会見で、パリ・ノートルダム大聖堂での大規模火災について、「世界にとって損失であり、非常に心を痛めている。マクロン大統領をはじめとするフランス政府と国民に謹んでお見舞いを申し上げる」と述べた。修復などに関し「仏政府より何らかの支援要請がある場合、日本政府としては積極的に検討していきたい」とも語った。 
《時事通信社》

特集

page top