ノートルダム大聖堂で大火災=屋根や尖塔焼け落ちる―パリ | NewsCafe

ノートルダム大聖堂で大火災=屋根や尖塔焼け落ちる―パリ

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/INTERNATIONAL
 【パリ時事】フランスのパリ中心部にある観光名所、ノートルダム大聖堂で15日夕(日本時間16日未明)、大規模な火災が発生した。火は大きな炎を上げて瞬く間に広がり、屋根や尖塔(せんとう)が焼け落ちるなど深刻な被害が出た。ロイター通信によると、消火活動に当たった消防士1人が重傷を負った。
 仏メディアによると、検察当局が出火原因の捜査を始めた。現場で行われていた修復工事が原因となった可能性がある。
 周辺は広範囲にわたって規制線が張られ、観光客らが避難。消防隊員約400人が出動して消火活動に当たった。
 マクロン大統領はこの日予定していたテレビ演説を中止し、現場に急行。「大聖堂の正面部分は崩落せず、最悪の事態は免れた。われわれは大聖堂を再建する」と強調した。マクロン氏はツイッターでも、「私のすべての同胞と同様、今晩私たちの一部が焼かれているのを見て悲しい」と述べ、国民やカトリック教徒との連帯を示した。
 大聖堂は国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されている。ユネスコのアズレ事務局長はツイッターで「劇的な火災に計り知れない衝撃を受けている。ユネスコは貴重な遺産を保護し、復元するためにフランスを支援する準備がある」と述べた。
 政府関係者はテレビ局フランス・アンフォに対し、「修復には何年もかかるだろう」と語った。 
《時事通信社》

特集

page top