「見張られ抜けられず絶望」=小5自殺で再調査―兵庫・多可町 | NewsCafe

「見張られ抜けられず絶望」=小5自殺で再調査―兵庫・多可町

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 兵庫県多可町で2017年5月、小学5年の女児=当時(10)=が自殺した問題で、町の第三者委員会は15日、女児はいじめが行われていた女子グループから抜けないよう見張られ、無力感に支配されて精神的に疲弊したことが自殺の要因だとする再調査結果の報告書を公表した。
 報告書によると、女子グループは16年夏ごろにつくられ、女児は仲間はずれや蹴られるなどのいじめを受けた。グループを抜けようと考えたが、休み時間に行動を見張られるなどして相当なストレスをため込んだ。第三者委は見張り行為についても「許されないいじめだ」と指摘した。
 両親は代理人弁護士を通じ「経緯を十分理解することができた。大人たちが気付き助けられなかったことが今もなお、悔しく悲しい思いでいっぱいだ」とのコメントを発表した。 
《時事通信社》

特集

page top