=LOVE諸橋沙夏、大学留年で舞台降板 グループは休業せず | NewsCafe

=LOVE諸橋沙夏、大学留年で舞台降板 グループは休業せず

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
諸橋沙夏 (C)モデルプレス
【諸橋沙夏/モデルプレス=4月15日】HKT48の指原莉乃がプロデュースを手掛けるアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」の諸橋沙夏が、大学の留年が決定し、出演を予定していた舞台Rock Opera『R&J』を降板することを15日、発表した。

【さらに写真を見る】女性ファンも多い=LOVE、女性誌で特集も

◆諸橋沙夏、舞台降板が決定

舞台の公式サイトが「2019年6月14日に初日を迎えるRock Opera『R&J』に、出演を予定しておりました諸橋沙夏さんですが、ご自身の学業の都合により、やむなく今公演を降板することとなりました」と発表。「諸橋さんのご出演を楽しみにしていただいていたお客様には、ご迷惑、ご心配をお掛けいたしまして誠に申し訳ございません」と謝罪し、「何卒、ご理解ご了承頂けますよう謹んでお願い申し上げます」と呼びかけた。

諸橋は発表後、自身のTwitterを更新し、「諸橋沙夏、=LOVEの応援をして下さる全ての皆様へ」と文章を投稿。

「この度、大学の出席人数などが足らず、留年することとなってしまいました」とグループの活動と学業の両立が難しく、留年が決定したことを報告。「舞台稽古に学業で十分に参加できないことから、先ほど公式より発表のありました通り今舞台を降板することが決定いたしました」とし、「私が不器用なことから学業とお仕事の両立が出来ず、沢山の関係者の方々、スタッフさん、メンバー、そして何より楽しみにしていただいたファンの皆様、本当に申し訳ありません」と詫びた。

また、学業に専念するため、グループ活動を休業することも考えたというが、「ファンの皆様と少しでも離れてしまうのがすごくすごく悲しくて寂しくて、今回休業はせず、お仕事に少し支障は出てしまうこともあるかもしれませんが、このような選択をさせて頂きました」と決断の経緯を説明。

「まだまだご心配をお掛けしてしまうことも多々あるかと思いますが、どうぞこれからも=LOVE、そして諸橋沙夏の応援をしていただけたら幸いです」とファンに向けてメッセージを送った。

=LOVEは、指原が自身の理想のアイドルをプロデュースするために実施した「声優アイドル」の初期メンバーを決めるオーディション「代々木アニメーション学院×指原莉乃プロデュース声優アイドルオーディション」で厳しい選考を勝ち抜いた12人のメンバーにより構成され、2017年9月に『=LOVE』でメジャーデビュー。これまでに5枚のシングルを発売。カップリング曲も含め、全ての楽曲を指原がプロデュースし、作詞を担当している。

諸橋は福島県出身、1996年8月3日生まれ。最年長メンバーで、歌唱力にも定評がある。(modelpress編集部)

■諸橋沙夏コメント

この度、大学の出席人数などが足らず、留年することとなってしまいました。

そのため今回の舞台稽古に学業で十分に参加できないことから、先ほど公式より発表のありました通り今舞台を降板することが決定いたしました。

私が不器用なことから学業とお仕事の両立が出来ず、沢山の関係者の方々、スタッフさん、メンバー、そして何より楽しみにしていただいたファンの皆様、本当に申し訳ありません。

学業に専念するため=LOVEの活動を休業することも考えましたが、ファンの皆様と少しでも離れてしまうのがすごくすごく悲しくて寂しくて、今回休業はせず、お仕事に少し支障は出てしまうこともあるかもしれませんが、このような選択をさせて頂きました。

まだまだご心配をお掛けしてしまうことも多々あるかと思いますが、どうぞこれからも=LOVE、そして諸橋沙夏の応援をしていただけたら幸いです。


【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top