仮設で営業続ける理髪店=被災者同士、離れ難く―自宅再建後も通う・熊本地震3年 | NewsCafe

仮設で営業続ける理髪店=被災者同士、離れ難く―自宅再建後も通う・熊本地震3年

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 熊本地震で甚大な被害を受けた熊本県益城町の「テクノ仮設団地」に、1軒の理髪店がある。団地入居者はピークの半分以下の約600人となり、店主も元の土地に自宅兼店舗を再建したが、「ここにおって」との入居者の声に応え営業を続けている。
 「カットサロンらいむ」を切り盛りするのは吉本洋子さん(66)。同町の自宅は大規模半壊し、21年前に開業した店舗は全壊。残ったのは、はさみとくしだけだった。
 避難所で1カ月間、ボランティアで髪を切った。「生活に張りを持たせないと」。同じ経験をした客と交流するうち、自身が励まされていった。
 震災3カ月後に団地に入居。その後、団地内のプレハブ商店街の一角に仮店舗を構えた。洗面台や理容椅子は借りてそろえた。赤白青のサインポールは、全壊した店から運び出して入り口に置いた。被災し散髪できずにいた高齢者が次々に訪れた。
 団地に一人で住む野々村ルミ子さん(85)は「地震前に通っていた店はバスじゃないと行けない。ここにあるのはありがたい」と1~2カ月に1度利用する。吉本さんとのおしゃべりが楽しみで毎日のように通っていた女性は「商店街に買い物に来てポールが回ってない日は寂しい」。
《時事通信社》

特集

page top