徴用工問題は未決着=「日本の努力必要」と韓国高官 | NewsCafe

徴用工問題は未決着=「日本の努力必要」と韓国高官

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/INTERNATIONAL
 【ソウル時事】韓国の李洛淵首相の秘書室長を務める鄭雲鉉氏は14日、自らのフェイスブックに投稿し、「最近、韓日両国は(元徴用工らの訴訟で日本企業に賠償を命じた)最高裁判決を契機に関係がぎくしゃくしている」と述べ、「きちんと決着をつけなかった歴史はよみがえり、議論の的になりがちだ」と指摘した。
 また、「(関係改善は)両国の努力、中でも特に日本の努力が増せば、可能だと思う」と主張した。 
《時事通信社》

特集

page top