カタログギフトを創業記念品として従業員に支給する場合の課税関係を解説 | NewsCafe

カタログギフトを創業記念品として従業員に支給する場合の課税関係を解説

面白ネタ・雑学 法律相談
カタログギフトを創業記念品として従業員に支給する場合の課税関係を解説
会社の創業記念で、従業員に記念品を授与することがありますが、このような記念品も経済的価値がある以上は、現物給与として給与課税の対象になります。ただし、創業記念品はいろいろな会社で贈られているものですので、一律にお給料として税金を取られるのも、社会常識としてはおかしな話になります。

■創業記念品が現物給与として課税されないための3要件

このような点を踏まえ、以下の要件を満たす創業記念品については、現物給与として課税されることはないとされています。

(1) 支給する記念品が社会一般的にみて記念品としてふさわしいものであること。
(2) 記念品の処分見込価額による評価額が1万円(税抜き)以下であること。
(3) おおむね5年以上の間隔で支給するものであること。

■カタログギフトの場合はどうなるか

ところで、創業記念品として特定の品物を授与することに代えて、近年はカタログギフトを授与することもよくあるようです。上記に照らし、税抜1万円以下のカタログギフトであれば、現物給与に該当しないのではないか。このような質問をよく受けます。
《法律相談広場@720》

特集

page top