反面調査回避の為に最低限するべき事とは?反面調査に税理士は立ち会える? | NewsCafe

反面調査回避の為に最低限するべき事とは?反面調査に税理士は立ち会える?

面白ネタ・雑学 法律相談
反面調査回避の為に最低限するべき事とは?反面調査に税理士は立ち会える?
税務調査においては、国税による反面調査が認められています。反面調査は従業員など社内の者を含む取引先を調査する調査をいいますが、このような調査をされると取引先や従業員に大きな負担になりますので、調査される納税者としては、できる限り反面調査されたくないと考えるのが通例です。
このため、反面調査については何とか差し止める方法はないか、といった話をよく聞きますが、法律的には国税の権利であるため、それを差しとめることはなかなか難しいのが現実です。

■事前連絡の徹底を要請する

反面調査に対して最低限納税者や税理士ができることの一つに、反面調査をする前に、国税から事前の連絡をもらうようお願いすることがあります。このような申出をしておくと、調査官によっては、それを汲んでくれることがあります。

しかしながら、法律上、反面調査をする場合、あらかじめ調査をしている法人にその連絡をする必要はないとされています。このため、かなり高圧的に国税にお願いしておかないと、事前に連絡してもらえることはありません。
《法律相談広場@720》

特集

page top