“世界を知る”グラドル・伏美亜里紗にスタジオ騒然 ケンコバ「NO NIPPLESS, NO LIFE」 | NewsCafe

“世界を知る”グラドル・伏美亜里紗にスタジオ騒然 ケンコバ「NO NIPPLESS, NO LIFE」

芸能 AbemaTIMES/バラエティ
“世界を知る”グラドル・伏美亜里紗にスタジオ騒然 ケンコバ「NO NIPPLESS, NO LIFE」

 AbemaTVで放送された「全日本〇〇グラドルコンテスト -アビリティ-」で、8人のグラドルがバストの感度・感触だけを頼りに高価なブラジャーを当てる「利きブラ」に挑んだ。


 同種目は、黒布に包まれた円筒形のマントを上半身にまとったグラドルたちが、その中で26000円と4000円のブラジャーに生着替えし、その肌触りを頼りにどちらが高級ブラかを判別するというものだ。マントの背後からグラドルたちのブラ着脱を手伝うのは、セクシー空手家グラドルの清水あいり。清水のいたずらによって、さまざまな“見せ場”が生まれた。

 2014年に行われたベンチプレス世界大会で優勝という異色の経歴を持つ伏美は、「利きブラ」を前に「私は世界を知っている」と豪語、余裕の表情を見せた。しかし、マントの中で伏美の着替えを始めた清水が伏美の反応を見るなり「敏感なん?」と猫なで声で問い掛けると「ちょっとだけ」とハニカミながら応じた伏美、そして「ちょっとじゃないやろ?」と切り返した清水が次の瞬間、驚きの声を上げた。

「え、待って」と声を張った清水が「みんな一応、胸の先っぽにシール貼ってるんですけど、伏美ちゃんだけ貼ってない!」と説明すると、「えーーーっ」と驚いたケンコバが「NO NIPPLESS, NO LIFE」とツッコミ、スタジオは騒然とした。


 その一方、ニップレスを貼っていながら「長い」と言われた小林について、お笑いコンビ麒麟の川島が「小林さんの立場が無い」と苦笑いを浮かべていた。


(C)AbemaTV


【人気無料動画】
“世界を知る”グラドル・伏美亜里紗にスタジオ騒然 ケンコバ「NO NIPPLESS, NO LIFE」

「ぶっといの好き」Fカップグラドル西原愛夏が衝撃告白

「濡れ場上等グラドル」が大暴れ! 井筒監督とガチ勝負

《AbemaTIMES》

特集

page top