軽減税率の対象品目となっている飲料食品と新聞のそれぞれの例外を解説 | NewsCafe

軽減税率の対象品目となっている飲料食品と新聞のそれぞれの例外を解説

面白ネタ・雑学 法律相談
軽減税率の対象品目となっている飲料食品と新聞のそれぞれの例外を解説
平成31年10月からスタートする軽減税率ですが、すでに現場では不安の声が聞こえてきます。軽減税率の対象になるのは、一定の要件を満たす飲食料品と新聞ですが、それぞれにいろいろな例外がありますので、実際に判断するのは非常に困難と言えます。


■飲食料品の例外

報道でも繰り返し指摘されていますのでご存知の方も多いと思いますが、同じ食品でも外食は軽減税率の対象にならず、テイクアウトは軽減税率の対象になるという複雑な制度となっています。このテイクアウトに関連し、注意したいのが包装材料などの取扱いです。

食品をテイクアウトする場合、容器や包装材料も必要になりますが、これについても食品の一部として取り扱われるため、軽減税率の対象とされます。ただし、贈答用に別途料金を徴収してなされる包装材料については、軽減税率の対象にはなりません。このため、例えばお歳暮で食品を送る場合、別途包装を依頼すれば、その部分は軽減税率の対象になりません。
《法律相談広場@720》

特集

page top