40女が本気出してやってみた!絶対効果が出る「たるみケア」3選 | NewsCafe

40女が本気出してやってみた!絶対効果が出る「たるみケア」3選

女性 OTONA_SALONE/BEAUTY
40女が本気出してやってみた!絶対効果が出る「たるみケア」3選

30歳を過ぎたころからシワだ小じわだと自分が劣化していくのは薄々感じていた。頭の片隅にはいつも「アンチエイジング」という言葉があったし、それをテーマにした取材もしてきた。

でも、どうにもこうにもズボラな私、小じわを見つけてはフェイスエクササイズなどをしてみるも3日坊主。そのうち「どうせみんないずれは劣化するんだし…」とあきらめモードになっていた。

『何もしなければたるむ一方です』……頭を打ち抜かれたあの日

が、忘れもしない3ヶ月前のあの日。その日も私はアンチエイジングの取材で皮膚科医の友利新先生の元を尋ねていた。テーマは『たるみ』。先生ご自身のたるみケアから最新施術法まで色々お伺いした後、私は半分諦めモードで聞いてみた。

「でも、何をやってもいずれたるむんですよね?」と。すると先生がハッキリこうおっしゃった。「自然の原理だからそれは仕方ないことです。でもケアした人としない人の差は歴然。何もしなければただただ顔はたるんでいく一方です」。

ガーン。たしかに、日々努力とケアをされている先生のお顔と何もしていない私の顔。その差は歴然だ。帰宅途中、窓ガラスに移った自分の顔を見て思う。「私の顔、こんなにモタついてたっけ?」。

こうしてる今まさに私の顔はどんどんと重力に負けて下へ下へと下がっているということなのだ。「今からでも遅くないかもしれない」。その足で私はビックカメラへと向うのであった。

1・やっぱり手軽に効果を出したい。フェイスローラー『ReFa carat』

たるみケアしよう! と一念発起したものの、長年付き合ったズボラな性格をすぐに棄てることなどできやしない。ビックカメラへ向ったのも、まずは美顔器を買おうと思ったからだ。

綺麗なお姉さんは好きですか系の美容家電が並ぶ中、私の目に入ったのがReFa。美意識高い系の友達も使っているフェイスローラーである。

ただコロコロするだけでリフトアップが可能というシンプルさもズボラな私にはピッタリだ。ただ、お値段28,000円……。頭の中で欲しい物リストと天秤にかける。

試しにフェイスラインに当ててみるとブニッ。自分が想像していた厚みを遥かに越える肉量がReFaに挟まれてた。ブニブニブニ……。持ち上げられて行く私の顔肉。あぁ、この肉がなくなったら私の顔はひと周り小さくなるのか……。『これください』。

その夜からテレビを見ながら、お風呂の入りながら、寝る前、暇さえあればコロコロした。3日も経つと肉を挟むことも少なくなり、コロコロする手もスムーズに。

鏡に映る自分の顔もなんとなくシュッとした気がする。さすが28,000円! 効果出ちゃってるんじゃないの?? 私は誰かに気づいて欲しくて仕方なかった。が、誰も気づかない。

1ヶ月続けてみたけれど誰からも何のリアクションも得られない。……、つまんない。ズボラな上に典型的に褒められて伸びるタイプの私の心は折れた。

2・さよならファミ○キ、から○げくん。食生活を改善

そんなとき、また友利先生に取材させていただく機会があった。先生がおっしゃる。「悪い脂もたるみを引き起こす原因です」と。えーっ、この取材の後コンビニに寄ってあのアツアツチキンを買って帰るつもりだったんですが……。

それを聞いた先生は「絶対ダメ! やめなさい!」と呆れ顔。でも、私からあのコンビニスナックを奪ったら、毎日の楽しみが……と言いかけたとき、「たるみたくないなら、やめなさい。おにぎり食べればいいでしょう!」と。は、はい……。

先生は普段から食生活にも注意されていて、ドレッシングもオメガ3や9を使ったお手製のものを使っているという。その手間と努力あってこそのあの美しさなのだと頭ではわかっている。わかっているけど、ズボラな私には無理だーー!

とは言えたるみは食い止めたい。そこで私は決めた。「ファストフード絶ちをする!」と。大好きなコンビニスナックとも出来たてポテトともお別れし、体の中からキレイになってやる。

小腹が空いたらおにぎりやコンビニサラダをドレッシング抜きの塩だけで。どうしても揚げ物が食べたくなったら自宅で作る唐揚げを…。

頑張ること1ヶ月が過ぎた。なんとなく体が軽い気もするし、肌の調子もいいようだ。が、誰も気づいてくれない。誰か私の頑張りを褒めて……また心が折れた。

ここで「糸」が頭をよぎり…次ページ!

3・最新技術があるなら試してみたい。私は顔に8本糸を入れた

自宅でフェイスマッサージや食生活改善をしてみたところで欲しい効果はいまいち得られない。もう私は老化には勝てないんだと諦めかけたとき、友利先生に取材で教えてもらった『糸治療』が頭をよぎった。

糸治療にもいくつか種類があるが、私が選んだのは『Nコグリフト』。こめかみあたりから糸が内蔵された針を挿入し、弾力が失われて重力に抵抗できずにたるんだ部分にコグ(棘)を引っ掛けて引き上げる治療法である。

皮膚を切開することもなく、肌の中に残った糸は体内に吸収されるので抜糸の必要もなし。しかも糸を入れることでコラーゲン生成が促され肌ツヤが良くなるという。

コレだ!! 

そして私は顔に8本糸を入れたのである。

ダウンタイムは3日ほどだと聞いていたが、普通に食事ができるまで1週間以上かかってしまった。口が全然開かない。バナナを1本食べるのに20分かかった。もちろんファストフードなど食べられない。おかげで1週間で2kg痩せた(笑)。

そして施術から2週間ほどした頃だろうか、気になっていた左側のほうれい線が薄くなり、メイクのノリが抜群によくなった。

そしてさらに1ヶ月後、友達から待ちに待ったあの声を聞くのである。

『最近、肌キレイになったよね?』

キター!!

ReFaCARATを手にしてから早4ヶ月が経とうとしていた。糸を入れてからはReFaは使っていないけれど、やっと私の顔はたるみに勝てたのだ。

嬉しくて口早に『フェイスラインがスッキリしたでしょ!?」という私。だが、友達の反応は想像と違っていた。

『肌がめっちゃ白くなって透明感がハンパないよ。ぷりっぷり!』と。

あれ? そっち??

どうやら私には、コラーゲン生成による肌ツヤアップ効果の方が前面に出ているらしい。

施術後はアゴが小さくギュッと引き締まった顔になれると思っていたけれど、むしろこの圧倒的な肌の白さに目がいき、輪郭の印象が後退するようだ。

でもReFaや食生活改善よりも圧倒的に達成感があるし、ズボラな私には一番向いていた気がする。メイクのりも断然よくなったし、気になっていたほうれい線も薄くなった。

しかし女というのは欲張りだ。あれほど「どうせいつかはたるむんだし…」と後ろ向きだったのに、もっと結果を出してみたくなった。家でマッサージを続け、食生活もより気をつけて、Nコグリフトよりも強力な糸治療をすれば私の顔は劇的に変わるのだろうか?

口が開かず不自由だった数週間のダウンタイムを思い出しながらも、最新の糸治療を検索してしまう自分がいる。数ヶ月の我慢だと思っていたファミ○キだけど、もう少し我慢してみようと思う。

《OTONA SALONE》

特集

page top