【人生100年時代】実在の兄弟でみる「人生100年モデル」と「人生50年+αモデル」 | NewsCafe

【人生100年時代】実在の兄弟でみる「人生100年モデル」と「人生50年+αモデル」

社会 ニュース
【人生100年時代】実在の兄弟でみる「人生100年モデル」と「人生50年+αモデル」

人生の長さに戸惑う時代

現在の高齢者は、自分の人生の長さに戸惑っているのではないかと思います。

具体的な数字を見てみましょう。

昭和10年代の平均寿命は50歳未満といわれます。

現在の高齢者が生まれた当時の成人の平均寿命は50歳ぐらいだったということです。

では、寿命が50歳ぐらいと思っている世代に育てられた、現在の高齢者はどうでしょうか。

平成29年の国の簡易生命表によると、65歳の男性の余命は男で20年弱、70歳の男性で16年弱です。

つまり、85~86歳までは生きます。

85歳の人はもう6年強、つまり90歳まで生きます。

つまり

定年が65歳になっても、20年以上生きる

ことになるわけです。

50歳ぐらいまでの人生前半に重きをなす人生50年+α」世代に育てられた世代が、実質人生100年に戸惑いが生じるのは当然ということです。

そして、これから人生100年を迎えるのが、ほぼ確実な、20~40代はどうすればよいのか。

ヒントは、すべに人生100年モデルを実質的に実践している人です。

それはご本人が意識しているかということ、意識せずに、自然とそうなっているのではないかと思えます。

ある兄弟のライフ・ヒストリーから読む

私が提唱している「人生50年+αモデル」と「人生100年モデル」について、実例により具体的に考えてみましょう。

現在、毎日を健康に過ごされている68歳と65歳の兄弟のライフ・ヒストリーからたどってみましょう。

《マネーの達人》

特集

page top