OP戦個人成績はフレッシュな顔ぶれ 虎新人・木浪が最多22安打、燕塩見12盗塁 | NewsCafe

OP戦個人成績はフレッシュな顔ぶれ 虎新人・木浪が最多22安打、燕塩見12盗塁

スポーツ フルカウント
阪神・木浪聖也とヤクルト・塩見泰隆(左から)【写真:荒川祐史】
■OP戦首位打者は2年目楠本、中日高橋&楽天ブラッシュがトップ15打点

 2019年度のオープン戦は24日で全日程終了。各球団が戦力を見極める期間だが、レギュラー争いを目指す若手の躍動が目立った。2月23日に開幕したOP戦のチーム成績、投打の個人成績を見ていきたい。

【チーム成績】

1.広島 16試8勝4敗4分 率.667 差–
2.ソフトバンク 15試9勝5敗1分 率.643 差0.0
3.楽天 14試7勝4敗3分 率.636 差0.5
4.巨人 16試10勝6敗0分 率.625 差0.0
5.オリックス 17試9勝6敗2分 率.600 差0.5
6.ロッテ 14試6勝7敗1分 率.462 差2.5
6.DeNA 17試6勝7敗4分 率.462 差2.5
8.ヤクルト 17試7勝9敗1分 率.438 差3.0
8.中日 19試7勝9敗3分 率.438 差3.0
10.西武 15試6勝8敗1分 率.429 差3.0
《Full-count》

特集

page top