【MLB】イチローの契約を経済誌が絶賛 全盛期報酬の一部は引退後に支払いスタート | NewsCafe

【MLB】イチローの契約を経済誌が絶賛 全盛期報酬の一部は引退後に支払いスタート

スポーツ フルカウント
現役引退を表明したマリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】
■「フォーブス」が契約内容に注目「並外れたキャリア同様にただただ印象的」

 21日のアスレチックス戦後に現役引退を表明したマリナーズのイチロー外野手。日米通算4367本の安打を積み重ねてきた稀代の安打製造機は日本で9年、アメリカで19年、計28年間の華麗なキャリアに終止符を打ったが、米経済誌は引退後も巨額の収入を手にできるこれまでの契約内容に注目。「引退後の人生を豊かにする先見の明があった」と絶賛している。

「イチロー・スズキの交渉の成功は並外れたキャリア同様にただただ印象的」と特集したのは世界最大手経済誌「フォーブス」だ。MLB記録を打ち立てた2004年のシーズン262安打など、メジャー19年間で数々の記録を打ち立ててきたイチロー。米国殿堂入りの確実視されるレジェンドだが、特集では引退後を見据えた契約内容に特に注目している。

 記事によると、イチローはメジャー挑戦時(2001年)にマリナーズと契約ボーナスを含めて3年総額約1400万ドル(約15億4000万円)の契約を結んだが、そのうちの700万ドル(約7億7000万円)と利子分を後払いで受け取る内容になっていたという。
《Full-count》

特集

page top