【MLB】日米通算4367安打、シーズン最多262安打…「記録男」イチローが歩んできた足跡 | NewsCafe

【MLB】日米通算4367安打、シーズン最多262安打…「記録男」イチローが歩んできた足跡

スポーツ フルカウント
現役引退を表明したマリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】
■日本で9年、メジャーで19年プレー 多くの記録と記憶に刻まれたイチロー

 イチローは、NPBでもMLBでも史上まれに見る「記録男」だった。数字の上でイチローの主な事績をまとめておきたい。

【NPB】
NPB史上初のシーズン200安打(最終210安打)(94年)
130試合制でのシーズン200安打(ただ1人)(94年)
シーズン最多安打5回(パ・リーグ記録)
月間48安打(96年)
通算打率.353(3000打数以上で史上1位)(92年~00年)
シーズン打率.387(パ・リーグ記録)(00年)

 1994年、オリックス・ブルーウェーブのイチローは、過去誰も達成していなかったシーズン200安打を記録(最終的に210安打)。この記録は2010年に阪神のマートン(214安打)、2015年に西武の秋山翔吾(216安打)が更新し、歴代3位になっているが、マートンは144試合制、秋山は143試合制での達成。130試合制での200安打はイチローただ1人。
《Full-count》

特集

page top