民家に男女2遺体=60代夫婦か、息子行方捜す―愛知県警 | NewsCafe

民家に男女2遺体=60代夫婦か、息子行方捜す―愛知県警

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 22日午後5時25分ごろ、名古屋市港区福前の自営業米原達治さん(68)方の民家で、男女2人が倒れて死亡しているのを愛知県警港署員が見つけた。いずれも60代ぐらいで、同署は米原さんと同居の妻(66)とみて確認を急ぐとともに、事件とみて捜査。30代後半の息子と連絡が取れず、何らかの事情を知っている可能性があるとみて行方を捜している。
 港署によると、米原さんは配送業を営んでおり、仕事関係の知人が13日、「連絡が取れない」と同署に通報した。米原さん方は出入り口が全て施錠されており、安否が分からないため22日午後、同署員が区役所職員を立ち会わせて玄関を解錠し家に入った。
 遺体にはいずれも着衣があり、1階寝室にあるベッド横の床の上に倒れていたという。 
《時事通信社》

特集

page top