「海外では“おにぎり”に行列ができる」キンコン西野、老舗飴屋の可能性に言及 | NewsCafe

「海外では“おにぎり”に行列ができる」キンコン西野、老舗飴屋の可能性に言及

芸能 AbemaTIMES/バラエティ
「海外では“おにぎり”に行列ができる」キンコン西野、老舗飴屋の可能性に言及

 AbemaTV『株式会社ニシノコンサル』が放送され、キングコング・西野亮廣が“飴ビジネス”の可能性に言及した。


 当番組はキングコング・西野亮廣がさまざまな悩みを抱えた相談者を相手に名案・妙案・オリジナルアイデアを提案する新感覚コンサルティング・リアリティーショーだ。


 今回の相談者は、実家が岐阜県瑞浪市にある創業88年の飴屋・鵜飼やっこ飴本舗。自身は東京で旅行代理店に勤務しながら家業を支えているという鵜飼大輔さんが相談にやってきた。

 鵜飼さんが持ち込んだ相談は「実家の飴屋の売上を上げたい」というもの。鵜飼さんの父である榮次さんで三代目となる同店は、その全盛期こそ1億円ほどあった売上も、時代やニーズの変化などの理由により、現在の売上は670万円にまで激減。


 しかも、売上は限られた企業からの受注によるものが大半であるという厄介な状況にあることから、当初はMC・西野や、この日のブレーンとして出演していたSHOWROOMの社長・前田裕二も、同店の状況に「難しい」と戸惑い。


 前田が飲食店のサービスとして配られている飴を引き合いに出す形で語った「(飴は)コミュニケーションのきっかけとして、すごい優秀」という言葉と、“和”の雰囲気を漂わせている同店のパッケージに、MC・西野が着目。おもむろに「フランスの『Japan Expo』とか行かれました?」と切り出した。

 西野の質問に「そういうイベントは経験がない」という語る鵜飼さん。西野は「化けますよ。僕(『Japan Expo』に)行ったとき、やっぱり行列できていたのは、おむすびでした」と報告し、“おにぎり”が、大きな注目を集めていたことを紹介した。


 こうした西野の言葉に、前田も「そうそう。“ザ・ジャパニーズ”みたいなものは、彼ら(海外の人)にとっては希少性があり、価値があるものなんですよね」と同意。前田は「本当に冗談じゃなくて、絵も大事」と、同店で用意している飴のパッケージに言及。改めてその重要性を指摘した。


 そこで前田は「店舗によって、店舗のイメージに合わせた“和っぽい絵”を描いてあげるサービスと飴をセットでやったら、いいんじゃないか」と、ノベルティなどで飴を置く店舗に対して、パッケージデザインも込みで提案するという、新たなビジネスを提案。

 前田の提案を聞いた西野は「(需要が)ありそうですね。その店舗が1回使ってもらったら、ずーっと回るもの。その店舗がずっと買ってくれる」と、業績悪化の一途を辿る同社において、“和”の要素を前面に打ち出したパッケージと、それを使った新たなビジネスが、一筋の光明となり得る可能性を示唆した。


クラファン失敗で支援0円…キンコン西野&SHOWROOM前田、老舗飴屋をガチコンサル!▶︎動画はこちら

【3月22日放送】オリラジ中田が相談者で登場!ブランド“幸福洗脳”はパクリ? ▶︎ 次回の視聴予約はこちら

《AbemaTIMES》

特集

page top