リーダー格に懲役30年=男性監禁殺人事件―大津地裁 | NewsCafe

リーダー格に懲役30年=男性監禁殺人事件―大津地裁

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 知人男性=当時(31)=を監禁、暴行し衰弱死させたなどとして、殺人や監禁などの罪に問われたリーダー格の飲食店経営井坪政被告(30)の裁判員裁判の判決が22日、大津地裁であった。伊藤寛樹裁判長は「犯罪全体を主導し、非難の程度は重く大きい」と述べ、求刑通り懲役30年を言い渡した。
 伊藤裁判長は「被害者が死亡する危険性が高いと認識した上で、虐待発覚を免れるため、他の関与者に指示して監禁や殺人を主導した」と指摘。「他者の尊厳を傷つけないように努める発想が感じられない悪質な人格態度が被害をもたらした」と非難した。
 判決によると、井坪被告は男女4人と共謀し、2016年9月ごろから17年8月17日まで、無職渡辺彰宏さんを堺市の住宅などに監禁して暴行を加え、細菌性肺炎で死亡させるなどした。 
《時事通信社》

特集

page top