NGT運営責任者ら謝罪=暴行事件「メンバー共謀なし」―新潟 | NewsCafe

NGT運営責任者ら謝罪=暴行事件「メンバー共謀なし」―新潟

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 新潟を拠点とするアイドルグループ「NGT48」のメンバー山口真帆さんが男に暴行を受けた問題で、運営会社「AKS」が22日、新潟市内で記者会見を開いた。顔を掴まれるなどの暴行があったことを認定した上で、男らと他のメンバーの共謀はなかったとする第三者委員会の調査結果を説明。運営責任者の松村匠取締役が「ご迷惑、ご心配をお掛けしたことを心よりおわび申し上げる」と謝罪した。
 第三者委はプライベートでファンとつながっているメンバーがいると指摘。AKSの安全管理やメンバーらへの教育が不十分だとした。
 同席したNGT劇場の早川麻依子支配人は、調査結果を伝えた際の山口さんの様子について「自分が言ったことがちゃんと書かれていないという不満を持っていた」と明かした。今後の活動は本人と協議中というが、山口さんはツイッターで、会見中の松村氏の対応などを批判した。 
《時事通信社》

特集

page top