白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン | NewsCafe

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

女性 OTONA_SALONE/BEAUTY
白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。

それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、決して手を抜くわけにはいかないパーツでもあります。

とは言っても、加齢の波は容赦なく押し寄せるだけに、その日のテンションや気候によっては「こんなハズじゃないのに!」な仕上がりになってしまうのも、“あるある”ではないでしょうか。

そして、そんな姿のせいで男性が「一緒に歩きたくない……」なんて思っていることもあるようですから、意中の男性とのデートや食事の際には、気をつけておくに越したことはありません。

時短美容家の私、並木まきが、男性たちが「恥ずかしい」と口にした、40代女性の残念髪の特徴に迫ります。

そんなつもりじゃないのに…男目線だと「みっともない」40代女性の髪1:オイルのつけすぎで全体的にベタベタしている

「ヘアオイルの付けすぎだと思うんですけど、髪がベタッとしている中年女性は、脂ぎって見えるからみっともないと思います。若い子なら『わざとかな?』と思うけど、40代だと不潔にしか見えない。一緒に歩くには、ちょっと恥ずかしいですね…」(43歳男性/ITサービス)

「ベタベタした見た目の髪をしている40代女性は、それだけでオバサンっぽく見えるし、生活感がすさまじい。妻がそんな髪をしていたら、全力でやめさせます!(苦笑)。でも、世間には意外と多い気がする。僕は一緒に歩きたくないなぁ」(46歳男性/工場勤務)

濡れ髪風に仕上げたスタイリングや、パサつきが気になるときのデイリーケアなど、ヘアオイルの出番は多いけれど、適量を誤ると男目線での「みっともない」を招きがちに。

付けた直後には「いい感じ」だとしても、時間の経過とともに自分の頭皮から出る脂と混ざり、見た目のベタつきを招くこともあるので、気をつけて。

そんなつもりじゃないのに…男目線だと「みっともない」40代女性の髪2:頭頂部だけがぺったりしているパサパサ髪

「頭頂部がペタッとしているのに、毛先にいくにしたがってパサパサしている髪は、ぶっちゃけかなり歳を感じます……。だらしない感じもするし、見た目も汚い。彼女候補からは一発で外れます」(41歳男性/飲食)

「ボリュームはないのに、広がっているツヤのない髪は、オバサンっぽいと思います。ちゃんとお手入れしていないように見える。彼女や妻にはしてほしくないし、もしそうなっていたら、美容院に行くように勧めます……」(43歳男性/システム)

年齢とともに、髪のパサつきに頭を抱える女性も増えてくるのは事実。さらには、同じく加齢の波により、頭頂部のボリュームが寂しくなってくるのも、“あるある”です。

そして、これらの要素が揃ってしまうと、男性目線では「みっともないよ!」という感想を抱かれがちという過酷な実態も。

頭頂部はヘアドライの際に“逆毛”を立てるようにしつつ、広がりが気になる部分は内側にヘアオイルを揉み込んでボリュームダウンを図るなどの工夫で乗り切るのも、時短での対策につながります。

年齢とともに出てくる○○に注意して……!

そんなつもりじゃないのに…男目線だと「みっともない」40代女性の髪3:うねりがすごくて爆発しているような髪

「パーマなんだかくせ毛なんだかわかりませんが、髪の毛の束があっちこっちに向いていて整っていない髪の40代女性は、うわぁって思いますね。本人はオシャレのつもりなのかもしれないけど、どう見ても美容に無頓着としか思えないです」(44歳男性/マスコミ)

「髪がやたら爆発しているかのようなボリュームになっている中年の女性は、一緒に歩きたくないし、みっともないと思います。こういう人には、髪がパサついている人も多い気がする。『髪は女の命』と言うくらいだから、年齢を重ねても、きちんとツヤのある髪を心がけてもらいたいです」(47歳男性/経営)

若いころには扱いやすかった髪でも、年齢とともに“うねり”などで思うようなスタイリングが叶わなくなるのも、珍しくないお話です。

とはいえ、男性目線だとかなりシビアな感想を抱かれるのも実情な様子。“うねり”が気になる日には、思い切ってアップスタイルやハーフアップなど、アレンジをしてごまかしたほうが無難と言えそうです。

「年齢髪」と聞けば、真っ先に頭に浮かぶのは“白髪”だという女性も多いかもしれません。

しかし男性たちにリサーチをしてみると、意外にも「白髪がイヤだ」という声はほぼ聞こえてくることがなく、それよりもスタイリングや髪の質感などに厳しい意見が集まりました。

お心当たりがあったかたは、ぜひこの機会に、スタイリングのルーティンを見直してみてください。

《OTONA SALONE》

特集

page top