ピエール瀧容疑者にコカイン譲渡疑い=通訳業の女逮捕―関東信越厚生局 | NewsCafe

ピエール瀧容疑者にコカイン譲渡疑い=通訳業の女逮捕―関東信越厚生局

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 ミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名瀧正則)容疑者(51)がコカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された事件で、関東信越厚生局麻薬取締部が、同容疑者にコカインを譲り渡したとして、横浜市の通訳業、田坂真樹容疑者(48)を19日に同法違反容疑で逮捕していたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、田坂容疑者は瀧容疑者が逮捕された前日の11日、横浜市内の田坂容疑者の自宅付近で、瀧容疑者にコカインを譲り渡した疑い。調べに対し、「知り合いに頼まれた物を瀧容疑者に渡したが、中身がコカインとは知らなかった」と容疑を否認しているという。
 2人は20年来の知人とみられる。同部は、田坂容疑者の入手経路などを調べている。
 また、瀧容疑者が11日夜から12日の明け方にかけ、自宅とは別に借りている都内のマンションに滞在していたことが判明。「部屋でコカインを吸った」と供述していることも分かった。 
《時事通信社》

特集

page top