成田空港で貨物機同士が接触=機体破損、けが人なし | NewsCafe

成田空港で貨物機同士が接触=機体破損、けが人なし

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 成田国際空港会社は22日、空港内で21日夜、全日本空輸と米フェデックスの貨物機同士が接触したと発表した。双方の機体の一部が破損したが、けが人はいなかった。
 空港会社によると、21日午後8時25分ごろ、けん引車で全日空機を誘導路に出しバックさせたところ、止まっていたフェデックス機の後部に接触。両機の尾翼や胴体尾部が損傷した。いずれも上海へ出発予定だったが、取りやめた。
 国土交通省や空港会社が原因を詳しく調べている。 
《時事通信社》

特集

page top