香取慎吾が『SMAP』時代を振り返るも“あの名前”は口にせず… | NewsCafe

香取慎吾が『SMAP』時代を振り返るも“あの名前”は口にせず…

芸能 まいじつ/entertainment
香取慎吾が『SMAP』時代を振り返るも“あの名前”は口にせず…

3月21日の『ニュースウォッチ9』(NHK)が元『SMAP』香取慎吾に単独インタビューを敢行した。現在、都内で個展を開催している香取は、SMAP時代の経験がアートに生きていると強調。自らの作品を独特の表現で評するなど冗舌に語ったが、ある部分に関して視聴者は「はがゆい」「ジャニーズ事務所への忖度?」と想像し、不満を漏らす声が相次いでいる。


【関連】木村拓哉…稲垣吾郎…相次いで口にした『SMAP』の4文字に歓喜! ほか

有馬嘉男、桑子真帆の両キャスターが個展の会場である劇場を訪れ、30年間作り上げてきた130近くの作品が並ぶ中でのインタビュー。香取は会場中央に鎮座し、自分の心臓をイメージして作ったという巨大なオブジェを紹介。赤く、耳を近づけると鼓動が聞こえる作品で、香取は作品を「いい感じに気持ち悪い」と表現した。


 


キャスターが連呼も…香取慎吾はスルー


《まいじつ》

特集

page top