【MLB】菊池雄星、記者会見で感極まって54秒沈黙 イチローへの思いに言葉詰まらす | NewsCafe

【MLB】菊池雄星、記者会見で感極まって54秒沈黙 イチローへの思いに言葉詰まらす

スポーツ フルカウント
マリナーズ・イチローと菊池雄星【写真:Getty Images】
■「イチローさんとプレーできた時間というのが最後のギフトだったと思います」

 マリナーズの菊池雄星投手が21日、「2019 MGM MLB日本開幕戦」第2戦(東京ドーム)でメジャー初先発を飾った。記念すべきメジャーデビュー戦は勝利の権利まであと1死と迫りながら、4回2/3で91球(58ストライク)を投げて無念の降板。試合後の記者会見では、この日限りで現役を引退したイチロー外野手の質問を受けると、感極まって54秒沈黙する場面もあった。

 8回守備でベンチに退いたイチローは、ダグアウト前でチーム全員とハグ&握手を交わした。菊池もイチローとハグをし、「頑張って」と声を掛けられて涙ぐむ場面も。試合後の記者会見で、この時の心境を問われた左腕は、「そうですね……えぇ、うん、まあ……」と声を絞り出した後、マイクを握ったまま、涙を必死で堪えながら、54秒間も沈黙してしまった。

「幸せな時間でしたね」と、ようやく声を出すと、言葉を詰まらせながらも続けた。
《Full-count》

特集

page top