賃貸住宅にできたフローリングの傷は入居者が直す?誤解されがちな『原状回復』 | NewsCafe

賃貸住宅にできたフローリングの傷は入居者が直す?誤解されがちな『原状回復』

グルメ オリーブオイルをひとまわし
賃貸住宅にできたフローリングの傷は入居者が直す?誤解されがちな『原状回復』

オリジナルサイトで読む >

気をつけて生活していても、どうしてもできてしまうフローリングの傷。持ち家の場合でも賃貸住宅の場合でも、傷だらけのフローリングで生活したくはないものだ。傷を嘆く前に、簡単にできる傷の補修方法を実践してみよう。

1. 賃貸住宅にできたフローリングの傷は入居者が直すべき?

賃貸住宅に住んでいると、室内の傷や破損に敏感になるものだ。フローリングの傷が原因で敷金が戻ってこないかもしれない、と不安に思うこともあるだろう。しかし、物件によっては破損とみなされないこともある。

原状回復義務にフローリングの傷は含まれる?

賃貸住宅契約時には一般的に、「退去時は原状回復をした状態で引き渡す」という内容の契約をすることになる。誤解されがちだが、原状回復とは新築のような状態に直して返す、という意味ではない。部屋を借りた人が新しく家具や家電などを取り付けた場合は取り外し、入居時と同じ状態にして返すというのが原状回復だ。そのため、日常生活の中で自然と発生するフローリングの小さな傷や汚れなどは原状回復義務に含まれないこともある。

フローリングの傷を補修しなければならないときも

フローリングに傷ができてしまったとき、誰が補修すべきかは契約内容や傷ができた要因によって左右される。引っ越し作業のときにできてしまった傷、ペットによる傷、キャスター付き家具によるひっかき傷などを補修するときは、賃貸住宅を借りている人の負担となる場合が多い。一方で家具を置いていて自然とできてしまう傷やへこみは、賃貸住宅を貸している側が負担して補修するケースが多いようだ。

2. 補修材を塗るだけ。フローリングの傷を自力で補修してみよう

大切に使っていた部屋でも、ふとした拍子に物を落としてフローリングを傷付けてしまうことがある。自力で補修できる場合もあるので、落ち込む前に試してみよう。

軽いひっかき傷を補修する

フローリングにひっかき傷ができてしまったときは、クレヨンタイプやペンタイプの補修材を使えば簡単に目立たなくすることができる。
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

特集

page top