特定CMの集中を規制=民放連が国民投票でガイドライン | NewsCafe

特定CMの集中を規制=民放連が国民投票でガイドライン

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 日本民間放送連盟(民放連)は20日の理事会で、憲法改正国民投票CMの取り扱いに関する「考査ガイドライン」を決定した。特定の広告主のCMが一部の時間帯に集中しないよう留意することが柱。野党が求める国民投票法を改正してのCM規制には反対していく方針だ。
 ガイドラインは、改憲案への賛否の勧誘や意見表明に関するCMに適用する。例えば、企業広告や商品広告に意見・主張を盛り込む賛否の勧誘や意見表明であることを明記していない心情に過度に訴え、事実と異なる印象を与える―などのCMは扱わないとした。 
《時事通信社》

特集

page top