覚せい剤変化薬物、全国初の起訴=密輸中国人、薬機法違反―千葉地検 | NewsCafe

覚せい剤変化薬物、全国初の起訴=密輸中国人、薬機法違反―千葉地検

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 化学処理すると覚せい剤に変化する薬物「t―BOCメタンフェタミン」などを密輸しようとしたとして、千葉地検は20日、医薬品医療機器法違反(営利目的密輸)などの罪で、中国籍の自称添乗員汪長輝容疑者(35)を起訴した。同薬物が2017年12月に指定薬物とされて以来、同罪での起訴は全国初という。
 地検などによると、汪容疑者は2月27日夜に香港から成田空港に到着した。同行者に不審な点があったことから、東京税関職員が汪容疑者のスーツケースを開けて検査。エッセンシャルオイル容器20本に計約7.3キロのt―BOCメタンフェタミンが入っているのを発見し、28日未明に現行犯逮捕した。 
《時事通信社》

特集

page top