【さすが】狩野舞子、長身を活かして人垣の向こうをらくらく撮影 | NewsCafe

【さすが】狩野舞子、長身を活かして人垣の向こうをらくらく撮影

スポーツ SPREAD
【さすが】狩野舞子、長身を活かして人垣の向こうをらくらく撮影

3月20日、元バレーボール選手の狩野舞子さんがインスタグラムを更新し、農家直営のビュッフェダイニング「グランイート銀座」のオープニングレセプションに行ったことを報告した。

レセプションには狩野さんをはじめ、元ハンドボール日本代表の東俊介さんや、元新体操日本代表の田中琴乃さんなども参加。

グランイート銀座はオリンピック・パラリンピック選手村の審査基準「GAP」をクリアした食材を9割使用することがウリということもあり、元アスリートが多数詰めかけてオープンをお祝いしたようだ。

レセプション中には、プロジェクトディレクターである元バドミントン日本代表の池田信太郎さんなどがステージにあがり挨拶する場面もあった様子。

大勢が詰めかけ混雑する店内だったが、狩野さんも185cmの長身を活かし人垣の上から登壇者を撮影する。

今回の投稿4枚目の写真には、見事に参加者の頭を乗り越えて軽々と登壇者の写真を撮影する狩野さんの様子も収められていた。

フィジカルを活かしたさすがの撮影を自ら評してか、投稿に寄せたコメントには「#上からマイコ」のハッシュタグもつけられていた。

《SPREAD》

特集

page top