卓球選手は頭がいい…ナショナルチームに入る条件に学力テスト | NewsCafe

卓球選手は頭がいい…ナショナルチームに入る条件に学力テスト

子育て・教育 リセマム/教育・受験/未就学児
イメージ写真
 2020年の東京オリンピックを1年後に控え、世界で活躍するスポーツ選手たちの姿を目にする機会が増えてきた。幼いころから才能を伸ばし、小学生、中学生、高校生、大学生と選手生活を送りながら学業と両立し、頭角をあらわす選手たちはどのように育ってきたのだろうか。

 日本卓球協会常務理事、強化本部長、Tリーグ理事、前・JOCエリートアカデミー総監督、前・男子日本代表(ナショナルチーム)監督の宮崎義仁氏の著書「世界卓球解説者が教える卓球観戦の極意」(ポプラ社)より、日本の顔となる選手の育成秘話を紹介する。

頭の良くない子は卓球が上達できない

 練習以外の部分で厳しい特別な規定があったりはしないのだが、協会としては「とにかく勉強しなさい」ということを言っている勉強の科目も社会もやれば国語もやる、英会話だけじゃなく韓国語もと、非常に多岐にわたる。だから、中学生も高校生も選手はみな、海外に教科書を持っていっている。男女で1人ずつ家庭教師を帯同している。そして1日の中で1時間は勉強時間と決めている。家庭教師の費用は日本卓球協会が捻出している。
《リセマム》

特集

page top