オーランド・ブルームの“わんこ”日本メディア初取材 パリス・ヒルトンの大豪邸にも潜入 | NewsCafe

オーランド・ブルームの“わんこ”日本メディア初取材 パリス・ヒルトンの大豪邸にも潜入

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
【オーランド・ブルーム パリス・ヒルトン/モデルプレス=3月20日】29日に放送されるフジテレビ開局60周年特別企画『めざましテレビ×明石家さんま 平成エンタメニュースの主役100人“ムチャ”なお願いしちゃいましたSP』(19時~22時52分)に、オーランド・ブルーム、パリス・ヒルトンの「わんこ」が登場する。

【このほかの写真】パリス・ヒルトンの可愛すぎる“わんこ”を見る

◆オーランド・ブルーム&パリス・ヒルトンの「きょうのわんこ」撮影に成功

明石家さんまをメーンキャスターとして4時間生放送する同番組では、これまでの25年間、全6000回以上の放送を徹底分析し、「めざましビッグデータ」を作成して芸能人の『めざましテレビ』出演回数をランキング化。平成を彩った人気男性・女性タレント、海外セレブ、お笑い芸人など、ビッグデータの中から平成エンタメニュースの主役100人を選出し、平成の最後に“ムチャ”なお願いをする。

過去にもマライア・キャリーの家を訪問したり、トム・クルーズにお姫様抱っこをお願いしたり、と海外セレブにも数々の“ムチャ”なお願いをしてきた『めざましテレビ』のスタッフ。今回は、海外セレブを訪ねて、番組開始から25年続く人気コーナー、「きょうのわんこ」を作りたいと熱望。見事、オーランド・ブルーム、パリス・ヒルトンの「わんこ」撮影に成功した。オーランドのわんこを取材したのは、日本メディアでは初めてとなる。

◆セレブの「わんこ」たちは…

映画『ロード・オブ・ザ・リング』や『パーレーツ・オブ・カリビアン』で有名なオーランドは愛犬家俳優として知られている。飼っているのはトイ・プードルのオスで、名前はマイティ(3歳)。海外ロケにもつれていくほどの溺愛ぶりで、SNSにも頻繁に登場。オーランドは、2月14日に歌手ケイティ・ペリーと婚約したばかりだが、ケイティも愛犬家で同じトイ・プードルを飼っている。

お騒がせ女優、パリス・ヒルトンも愛犬家として有名。ロサンゼルスの高級住宅街、ビバリーヒルズで今回特別に取材を許されたのは、日本円にして約6億円と言われる大豪邸。スタッフがその外観、内装にうっとりしているのもつかの間、さらに度肝を抜いたのは、庭にある犬小屋だった。

ドギーマンションと呼ばれるこの建物は、バルコニー付きの2階建てで、その額、推定2,500万円だとか。高級家具やエアコンまでが完備され、5匹のわんこはそこで優雅に暮らす。日本、特に東京が大好きだというパリスの一番のお気に入りは、東京で買ったというハラジュク(原宿)という名前のメスのわんこ(チワワ・15歳)。そして最近仲間入りしたのは、ダイアモンドベビー(チワワ・2歳6ヶ月)だ。そのゴージャスすぎる豪邸に住む「わんこ」の生活とは?(modelpress編集部)

■海外セレブの「きょうのわんこ」を撮影したスタッフのコメント

<オーランド・ブルーム編>
朝から大雨の悪天候で撮影時間は20分という厳しい条件の中、スタッフが緊張しているとオーランドはさわやかに愛犬と登場し、終始和やかな中で撮影が行われました。愛犬マイティに対してのわんこ愛をすごく感じました。お土産に持って行ったわんこのぬいぐるみを喜んでくれて愛犬と一緒に遊んでくれた無邪気なオーランドの姿を撮影することが出来ました。

<パリス・ヒルトン編>
厳重なセキュリティの中、スタッフ全員のIDを確認してもらい、大きな自動扉が開いて何とも豪華な住宅街を入って行くとパリスの家がありました。マネージャーと撮影に関する内容を確認し、下見をした後に、予定時間を大幅に超えた30分後にパリスが登場。とても、優しい感じの方で、快く撮影内容を理解して頂き撮影開始。と思いきや、照明が必要と言われ、さまざまな角度で収録し本人とマネージャーが確認後、いよいよ撮影開始。愛犬ダイアモンドベビーを抱っこしている姿から撮影し、プールサイドで他のわんこ達と合流し撮影は無事終了。わんこが大好きな様子でした。日本、特に東京が大好きで、飼っているわんこの1匹は、名前もハラジュク(原宿)でした。

■ナレーションを務める西山喜久恵アナウンサーコメント

Q人気コーナー「きょうのわんこ」が海外に進出!海外セレブのわんこ撮影に成功した、と聞いたときの感想を教えてください。

“きょうのわんこ”海外進出に関しては、以前も海外のわんこの取材をしたことがあるので驚きませんでしたが、あの有名セレブのわんこのロケと聞いて、ちょっとびっくりしました。

Qセレブのわんこのナレーションにあたる気持ちを教えてください。

私に“セレブ”の雰囲気が出せるかどうか疑問ですが、頑張ってみます。

Q『めざましテレビ』と共に、「きょうのわんこ」も25周年を迎えました。改めて視聴者の皆さんに見所をお願いします。

四半世紀続いてきた“きょうのわんこ”は、これからも色々なことに挑戦していきますので、応援してくださいね。

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top