「テロの動機」捜査=オランダ銃撃で当局 | NewsCafe

「テロの動機」捜査=オランダ銃撃で当局

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/INTERNATIONAL
 【ブリュッセル時事】オランダ中部ユトレヒト市内の路面電車で18日に発生し3人が死亡した銃撃事件で、捜査当局は19日、声明を出し、「テロの動機を真剣に検討している」として、テロだった可能性が強まっているとの見方を示唆した。逮捕したゴクメン・タニス容疑者(37)が逃走に使った車から見つかった手紙や、犯行状況に基づく判断という。
 手紙の内容は明らかにされていない。タニス容疑者が親族を狙っていたとの情報もあるが、当局は「これまでのところ犠牲者との関係は不明」と説明した。ただ、「(テロ以外の)他の動機も排除していない」とも強調している。 
《時事通信社》

特集

page top