原発事故和解、誠実に対応を=経産相が東電社長に要請 | NewsCafe

原発事故和解、誠実に対応を=経産相が東電社長に要請

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/ECONOMY
 世耕弘成経済産業相は19日夕、東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長と経産省で面談した。東電福島第1原発事故の損害賠償について、同社が裁判外紛争解決手続き(ADR)に基づく和解案を拒否する事例が相次いでいることを受け、「被災者の個別の事情を丁寧に伺い、誠実に対応してほしい」と要請した。
 東電は個人単位のADRでは多くの案件で和解に応じているが、多人数による集団申請で政府審査会の賠償指針を上回る額の和解案が示された場合は拒否するケースが目立っている。世耕氏は「(改めて個人単位で)申し出があった場合はきめ細かく対応してほしい」と求めた。小早川氏は「誠実に対応する」と語った。 
《時事通信社》

特集

page top