「5で戦力外。着けたくない」「私生活野球に直結」西岡剛、栃木入団会見の一問一答 | NewsCafe

「5で戦力外。着けたくない」「私生活野球に直結」西岡剛、栃木入団会見の一問一答

スポーツ フルカウント
栃木ゴールデンブレーブス・寺内崇幸監督(左)、西岡剛【写真:篠崎有理枝】
■「結婚して幸せな家庭ある」と再婚していたことも明かす

 昨季限りで阪神を戦力外となり、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスへの入団が決まった西岡剛内野手が18日、栃木・小山市内で入団会見を行った。ネイビーのスーツに、真っ白なシャツ、会見に同席した古後昌彦会長、元巨人の寺内崇幸監督と揃いのゴールドのネクタイを締めて登壇。入団に至った経緯や、NPB復帰を諦めていない胸の内を語った。

 会見で西岡が語った主な一問一答は以下の通り。

「プロ野球という世界にいてマスコミの中に囲まれてきた人生だったんですけど、今日改めて記者の方に集まっていただけて、うれしく思います。監督が緊張していたのか噛んでいたので、僕も緊張してきました。この機会をいただいたエイジェック、栃木県民球団に感謝したいと思います」

――栃木入団に至った経緯は?
「戦力外になってトライアウト受けたんですが、トライアウトが終わった直後に独立リーグから6球団くらいから声をかけていただいたんですけど、栃木に1番初めに声をかけていただいた。NPBに戻るためには環境が大事なので、施設がしっかり整っている栃木を選びました」
《Full-count》

特集

page top