豪快ソロのア軍外野手が日ハム斎藤を称賛 「巧みにコントロールしていた」 | NewsCafe

豪快ソロのア軍外野手が日ハム斎藤を称賛 「巧みにコントロールしていた」

スポーツ フルカウント
アスレチックス戦に先発した日本ハム・斎藤佑樹【写真:AP】
■2回の先頭で左翼スタンド中段に豪快なソロを放ったピスコッティ

 日本ハムの斎藤佑樹投手が18日、東京ドームで行われたアスレチックスとの「2019 MGM MLB 日本 開幕戦 プレシーズンゲーム」に先発した。開幕ローテ入りを目指す30歳の右腕から2回先制ソロ本塁打を浴びたアスレチックスのスティーブン・ピスコッティ外野手は「一球だけ高めに入ってきた」と語り、一瞬の隙を見逃さなかった。

 昨季ヤンキースとワイルドカードゲームを戦ったメジャーの強豪相手に2回1安打1失点というピッチングだった斎藤。後悔の残る一球は2回先頭打者のピスコッティに投じた4球目だった。

 高めに甘く入ったストレートを強振。左翼スタンド中段に飛び込む豪快なソロ弾となった。

「ストライクゾーンの高めに入ったね。一球だけ甘く入ってきたので打つことができた。自分の思う通りのスイングができたけれど、それ以外はいいピッチングだったんじゃないかな」
《Full-count》

特集

page top