「中国人じゃなくて良かった」恐るべき中国の『監視』社会システム | NewsCafe

「中国人じゃなくて良かった」恐るべき中国の『監視』社会システム

社会 まいじつ/international
「中国人じゃなくて良かった」恐るべき中国の『監視』社会システム

中国の悪名高き“社会信用システム”は、すでに国民生活を多分野にわたって制限している。独メディア・ドイチェベレ中国語電子版(3月4日付)は、《中国社会信用情報センターの記録では、中国当局は2018年、違法案件の当事者1750万人に対して国内外への旅行を制限し、航空券の購入を禁止した。また、他の550万人に対して高速鉄道や列車の利用を禁じた》と伝えている。


【関連】日本人が知らない『QRコード決済=24時間行動監視』という恐怖 ほか

移動の自由がないのは地球上で中国と北朝鮮だけだろう。


「中国共産党政権は14年に『社会信用システム構築の計画概要(14~20年)』を発表しています。それによると、国民の個人情報をデータベース化し、国民の信用ランクを作成、中国共産党政権を批判した言動の有無、反体制デモの参加有無、違法行為の有無などをスコア化し、一定のスコアがたまると『危険分子』『反体制分子』としてブラックリストに計上し、リストに掲載された国民は『社会信用スコア』の低い2、3等国民と見なされ、社会的優遇や保護を失うことになります。一度制限がかかると、その制限はどこでも適用されるという恐ろしさです」(中国ウオッチャー)


《まいじつ》

特集

page top