横浜市立学校6校、24時間欠席連絡受付などを試験導入 | NewsCafe

横浜市立学校6校、24時間欠席連絡受付などを試験導入

社会 ニュース
横浜市
  • 横浜市
  • 「Bridgeプロジェクト」および「学校と家庭をつなぐ情報共有システム」の概要
  • 試験導入される横浜市立学校6校について
 横浜市は2019年3月13日、「学校と家庭をつなぐ情報共有システム」の試験導入を開始することを公表した。対象は小学校から高校までの市立6校。24時間欠席連絡受付などにより、連絡・情報共有の効率化、ペーパーレスの推進とともに、保護者と教職員双方の負担軽減を目指す。

 横浜市教育委員会では、2018年3月策定の「横浜市立学校 教職員の働き方改革プラン」において、ICTなどを活用した業務改善支援を掲げている。その取組みのひとつとして、Bridgeプロジェクトを実施。学校と家庭との連絡・情報共有の効率化を目指す「学校と家庭をつなぐ情報共有システム」を一部の学校で試験導入する。

 プロジェクトの期間は、2019年3月4日から2020年3月31日まで。学校と家庭の情報共有におけるさまざまな課題の解決に向け、市内10区で緊急時情報伝達システムの導入実績がある民間企業「137(いちさんなな)」と協働。横浜市立学校6校(小学校2校、中学校2校、高等学校1校、特別支援学校1校)で、「24時間欠席連絡受付」「学校情報のデジタル配信&返信」「災害時等緊急情報の送信&返信」の機能が試験導入される。
《黄金崎綾乃》

特集

page top