日ハム、“オープナー”に屈す…金子が4回9K無失点の快投も力負け | NewsCafe

日ハム、“オープナー”に屈す…金子が4回9K無失点の快投も力負け

スポーツ フルカウント
栗山英樹監督(手前)率いる日本ハムは1‐5でアスレチックスに敗れる【写真:Getty Images】
■ア軍8投手の継投リレーに8安打1得点止まり

 日本ハムは17日、「2019 MGM MLB開幕戦 プレシーズンゲーム」のアスレチックス戦(東京ドーム)で1-5で敗れた。

 先発の有原は初回、先頭のグロスマンの三塁打、2四球などで1失点。立ち直ったかに見えたが、3回は先頭のチャップマンから5連打を浴びて3失点した。4回2奪三振4四球、7安打4失点だった。

 5回からは2番手として金子弌大が登板した。5回先頭で本塁打王・デービスから三振を奪うなど毎回2奪三振。4回9奪三振3四球、3安打無失点と圧巻の投球を見せた。

 打線は4回1死一、二塁とチャンスを作ったが、田中賢、石川亮が連続三振に倒れた。7回1死二塁の浅間の中前適時打で1点を返したが、本来の救援投手が先発する「オープナー」を使ったアスレチックス投手陣を打ち崩せなかった。ア軍8投手に8安打1得点に抑えられた。

 18日の同カードは12時試合開始となる。(Full-Count編集部)
《Full-count》

特集

page top