G20議長国開催へ準備加速=河野外相「日本らしさ出す」 | NewsCafe

G20議長国開催へ準備加速=河野外相「日本らしさ出す」

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 政府は20カ国・地域(G20)の首脳・関連会議の議長国開催に向けた準備を加速している。大阪市での首脳会議だけでも、各国代表団やメディア関係者ら約3万人が訪れる見込みで、宿舎や移動手段の割り当て、会場の設営、安全対策など業務は山積。運営の中心となる外務省は事務局の人員を拡充して対応に当たる。
 G20は5月の農相会議(新潟市)を皮切りに、6月28~29日の首脳会議(サミット)でピークを迎える。河野太郎外相は16日、サミット開催地となる大阪市、外相会合の名古屋市を訪れ、会議場や夕食会場候補の料亭を視察。この後、河野氏は大阪市で記者団に「日本らしさ、大阪らしさを打ち出したい。スピーチ合戦でなく議論ができるようにしたい」と語った。 
《時事通信社》

特集

page top