ロッテ助っ人バルガスに待望の一打 30打席ぶり安打、投げキッスの理由は… | NewsCafe

ロッテ助っ人バルガスに待望の一打 30打席ぶり安打、投げキッスの理由は…

スポーツ フルカウント
ロッテのケニス・バルガス【写真:荒川祐史】
■「ミートに心がけて」右翼線へ2点適時打、開幕へ「照準合わせる」

■ロッテ 4-2 ラミゴ(交流試合・15日・ZOZOマリン)

 ロッテは15日、ラミゴとの交流試合(ZOZOマリン)を行い、4-2で勝利した。新外国人ケニス・バルガス内野手は「5番・DH」でスタメン出場し、6回1死一、三塁で迎えた第3打席に右翼線へ2点適時打。ここまで練習試合を含め、29打席安打のなかった新助っ人に待望の一打が生まれた。

 0-2の6回1死二、三塁でバルガスが打席へ。「先週から、自分の打撃フォームが崩れていた」という新助っ人はこの打席「ミートに心がけて」右翼線へ2点適時打を放った。

「足の上げ方や、手の位置などいろんなことを考えすぎていたし、今までは低めも高めも全部に手を出していた」と、不調の原因を自己分析していたバルガス。「少しゾーンを上げて、打てる球に絞ってスイングしたことが良かった」と、30打席ぶりの安打を喜んだ。
《Full-count》

特集

page top