ガザの100カ所空爆=イスラエル軍、ロケット弾に報復 | NewsCafe

ガザの100カ所空爆=イスラエル軍、ロケット弾に報復

社会 時事通信社/NEW_POLECOINT/INTERNATIONAL
 【エルサレム時事】イスラエル軍は15日、パレスチナ自治区ガザの標的100カ所前後に空爆を加えたと発表した。14日夜、ガザから商都テルアビブ一帯に向けて2発のロケット弾が撃ち込まれたことへの報復措置。ガザの保健省によると、空爆で複数の負傷者が出た。イスラエル側に死傷者は出ていない。
 軍は声明で「テロ組織である(イスラム組織)ハマスに属する軍事標的を航空機から攻撃した」と表明。ガザを実効支配するハマスが「ガザで発生したすべての事案に対する責任を負う」と強調した。
 ハマスはロケット弾攻撃への関与を否定。イスラエルとハマスは、エジプトの仲介で停戦の長期延長に向け協議していたとされ、これに反対する勢力が妨害目的でロケット弾を撃った可能性がある。空爆を受け、ガザからイスラエル側に改めて複数のロケット弾が発射された。 
《時事通信社》

特集

page top