運転容認「極めて不当」=伊方差し止め却下に住民ら―山口 | NewsCafe

運転容認「極めて不当」=伊方差し止め却下に住民ら―山口

社会 時事通信社/NEW_SOC/SOCIETY
 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転を容認する決定を出した山口地裁岩国支部の前では15日、「不当決定」の垂れ幕が掲げられ、支援者から憤りと落胆の声が上がった。
 弁護団の河合弘之弁護士は支援者らを前に「四国電力の言いなりで極めて不当。全ての論点においていいかげんな決定」と批判した。「伊方原発で作っている電気は山口県に全く来ていない。事故から山口県民を守るためにも粘り強く闘いを進める」と語気を強めた。
 原発から50キロ圏内の離島に暮らす申立人の橋本久男さん(67)は「切り捨てられたという感じにしか受け止められない」と怒りをあらわにした。事故が起きた際の避難について、「行政が命を懸けて守ってくれることは絶対にない。しけたら船も来られないし、港が壊れたら船もつけられない。島の状況を見てから判断してほしい」と訴えた。
 決定後に開かれた記者会見で、中村覚弁護士は今後の対応について、「抗告する方向で検討している」と明らかにした。 
《時事通信社》

特集

page top