質疑割り込みを謝罪=衆院法務委員長 | NewsCafe

質疑割り込みを謝罪=衆院法務委員長

政治 時事通信社/NEW_POLECOINT/POLITICS
 衆院法務委員会の葉梨康弘委員長(自民)は15日の委員会冒頭、野党議員が質疑中にもかかわらず発言したことについて、「不適切な部分があった」と述べて謝罪し、発言を撤回した。
 8日の同委で、国民民主党の階猛氏が茨城県内の法務省施設整備費が東日本大震災の復興予算に含まれていることを質問した際に、葉梨氏は「茨城県も被災県だ。水戸の法務総合庁舎、全壊した、地震で」などと発言。野党は「質問妨害だ」などと反発を強めていた。 
《時事通信社》

特集

page top